One Little Voice@元SEのフェアリーブログ(宇宙・星座・セラムン大好物)

HSPな英語学習者、元SE▶元団体職員のMaryによる人生立て直しブログです。

ダーク・キングダム四天王と内部戦士は過去世で恋人同士!関係性をアニメ+αから読み解いてみた結果…

ダークキングダム 四天王 セーラームーン 内部戦士 ジェダイト ネフライト ゾイサイト クンツァイト 前世 地球

 

こんにちは!今日もセーラームーンアニメの考察です!

 

今回はセーラームーン(無印)に登場するダーク・キングダム四天王と、セーラー4戦士との関係性について、90年代アニメから読み解いていきたいと思います。

 

この記事のターゲット
90年代アニメでのダーク・キングダム四天王とセーラー内部4戦士との関係性について興味がある方

 

 

 

ダーク・キングダム四天王と内部4戦士は過去世で恋人同士だった!

アニメ:セーラームーン(無印)に、セーラー戦士たちの敵として登場するダーク・キングダム。そのダーク・キングダムの黒幕は「大いなる支配者」と呼ばれるクイン・メタリアです。

 

クイン・メタリアは人間のエナジーを集めて力を蓄え、地球を乗っ取ろうとしている悪いやつ。そんなクイン・メタリアのために、実働部隊のクイン・ベリルと部下たちがあの手この手を使って地球に攻め込んできます。(下図の左)

 

 

ダークキングダム 四天王 セーラームーン 内部戦士 ジェダイト ネフライト ゾイサイト クンツァイト 前世 地球

 

 

セーラームーン界隈では有名な話ですが、クイン・ベリル直属の部下である、ダークキングダム四天王(ジェダイト、ネフライト、ゾイサイト、クンツァイト)は、過去世/前世では地球のプリンス・エンディミオンの直属の部下でした。(図の中央)

 

そして地球の王子、プリンス・エンディミオン(地場衛の過去世)の恋人がプリンセス・セレニティ(月野うさぎの過去世)であり、セレニティの直属の部下だった内部4戦士(図の右:マーズ、ジュピター、マーキュリー、ヴィーナス)と対をなし、恋人の関係であったと言われています。

 

前世から現世に転生する際、クイン・ベリルに洗脳されてダークキングダムに加担することになったのです。

 

原作ではこの設定を生かしたエピソードが描かれているのですが、90年代のテレビアニメ版では、設定そのものがカットされています。

 

しかし、オタクは何もないところから繋がりを生み出すもの!(名言)

 

アニメをみながら、四天王と内部4戦士の関係性を、無理やり見出していこうと思います(笑)

 

ダークキングダム四天王と内部4戦士の関係性をアニメから読み解く

ジェダイト

ダーク・キングダムの一番手はジェダイトでした。

 

ジェダイトは第1話セーラームーン覚醒のタイミングで敵として現れます。度々変装して人間界に姿を現しますが、10話のマーズ覚醒のタイミングでセーラー戦士たちにグッと近づいてきます。

 

マーズの変身を解いた姿であるレイちゃんは、火川神社の巫女さんです。ジェダイトは人間から大量のエナジーをゲットするために、火川神社の禰宜(巫女さんの男性バージョン)として住み込みのアルバイトとなります。

 

ダークキングダム 四天王 セーラームーン 内部戦士 ジェダイト ネフライト ゾイサイト クンツァイト 前世 地球

 

わざわざレイちゃん(マーズ)のお膝元にまで現れるジェダイト、というだけでジェダイト×マーズの恋人関係を彷彿とさせますね。

 

ジェダイトが火川神社に現れてから、バス誘拐事件が多発していることを突き止めたレイは、その場で亜空間へ引きずりこまれます。そして、セーラーマーズが覚醒するのです。

 

ネフライト

そして次にネフライトです。

 

残念ながら、ネフライトの登場は14話~24話、前世の恋人であるセーラージュピター(木野まこと)が登場するのが25話で掠ってもいません。

 

無理やりこじつけようと思ったのですが、ダメでした。なので別の話でこじつけたいと思います!

 

ダーク・キングダム四天王は宝石から名前を取っています。ネフライトはジェダイトと同じく翡翠(ヒスイ)の仲間です。ジェダイトは硬玉、ネフライトは軟玉と言われています。

  

ネフライトは、「知恵と安らぎ」意味している石といわれています。とてもシャーマニックな作用を持つ石であり、自然とのつながりや、石の持ち主のエネルギーの流れと同調する効果があります。また、宇宙から発せられる情報や自然からの波動に敏感になり、洞察力や思考力を高め、正確な判断ができるようになるという効果もあります。このような効果から、「哲学の石」という別名もあります。

また、東洋では、「人生の成功と繁栄」を表す石として重宝されてきました。このことから、夢を実現する石として、ドリームクリスタルといわれています。

 

パワーストーン大百科より

 

 

セーラージュピターは別名「保護の戦士」。

アニメでは感情のままカっとなりやすい、セーラームーンやマーズ、ヴィーナスと比べると、内部戦士チームのなかでは、マーキュリーの次に客観性があると思います。そういう意味で「知恵と安らぎ」という意味にマッチしていると考えます。

 

また、変身前のまこちゃんは恋多き乙女(笑)将来の夢は「お嫁さん」や「ケーキ屋さん」という彼女の、夢見がち&ひと際女子力の高いまこちゃんに「ドリームクリスタル」というネフライトの意味がぴったり当てはまりますね。

 

ゾイサイトとクンツァイト

ダーク・キングダム3番手のゾイサイト、そしてリーダーであるクンツァイトは、それぞれセーラーマーキュリー、ヴィーナスと対で描かれる人物です。

 

テレビアニメ版では2名ともネフライト存命中に初登場しました。しかし、実際にセーラームーンたちの前に出てくるタイミングは、ゾイサイトがジュピター登場回の第25話、クンツァイトがヴィーナス登場回の33話です。

 

登場回だけで見ると、マーキュリーとゾイサイトの関係性はまったく見えてきません。

 

しかし、ヴィーナス登場回に前世の恋人であるクンツァイトが、戦士たちの前に登場することになりますね。物語が最高潮に達しているから、残りの人物を一気に出してきた感じを受けますが・・・

 

 

 

ゾイサイト、クンツァイトもそれぞれ鉱物の名前です。一応引っかかる部分がないかを調べてみましたが、明確に繋がりそうな部分はありませんでした。

参考:クンツァイトとゾイサイトの効果について

 

ゾイサイトとクンツァイトについては、テレビアニメ版ではゲイカップルとして描かれており、かなり2人の世界観が個性的です。原作とも設定は異なりますので、テレビアニメ版から前世関係を洗い出すことは不可能に近いでしょう。

 

ダーク・キングダム四天王と内部戦士の関係性をアニメ+αから紐解いてみた結果

いかがだったでしょうか?

90年代のテレビアニメを見た結果、前世での関係を少しだけ感じられたのは、セーラーマーズとジェダイトだけでした。

原作とアニメが同時に進行していたため、原作の設定や裏話を聞くタイミングもなく、アニメ制作が行われていたからだと思います。

 

2014年に始まったテレビアニメシリーズ「Crystal」では、原作をベースに話が展開します。少なくとも90年代のアニメシリーズよりは前世関係がはっきりしていると思いますので、ご興味ある方は、比べてみてはいかがでしょうか?

 

 

video.unext.jp